取れない責任もある?

誰かに怪我をさせてしまった、それも、車の事故によって全く関係ない人を巻き込んでしまった…そういう場合、確かに法的には私達はお金で賠償を行うことによって責任を負う事になります。治療費や手術費、通院費や、受け取れなかった給料…それらの賠償を行うということだけでも損失となるのに加え、交通事故は相手方に、多大な心痛を与えてしまうことになります。

当人が事故によって亡くなってしまったら、と考えた時、私達は果たしてその責任を負う事ができるでしょうか。もし私達自身に全ての責任が無かったとしても、それを完全に解決するというのは難しいでしょう。当然ながら、私達は責任として、刑事罰や民事罰を受けることになりますが、それらは同時に社会的に制裁を受けると言うことにもなりかねません。

運転に慣れてくると、だんだんと運転が楽しくなってきます。それ自体は、悪い傾向ではありません。しかし、慣れてくるということは、他の基本的な確認行為を疎かにしてしまいがち、ということでもあります。今まではこうだったから、今度も大丈夫、というような思い込みや、きっとこうだろう、という決めつけは、とっさの自体に私達の反応を遅くする要因になり得ます。

事故に遭った時には弁護士

プロに頼ると言うことは自分で問題に対処することを放棄することでは決して無く、それはどちらかというと賢い方法であると言えます。交通事故の被害に関しても、必ず弁護士は助けてくれます。そもそも怪我の度合いによって、どのくらいの賠償が被害者に対して行われるのかという点が異なってきます。その他にも賠償は様々な事由に影響を受けますが大部分は被害の程度です。それらの被害の状況に応じて、正当な賠償を受ける義務があります。ただし、結果的にはそれが充分と言えない状況で終わってしまうこともあります。

例えば、賠償に関しては、相手方が加入している保険会社と交渉を行うことがあります。言ってしまえば、そこで相手の論題に屈してしまって、その条件をのんでしまうことがあります。自分に取って不利とも言える条件であるのにもかかわらず、です。しかし、この交渉において弁護士が行うとすれば、どのように有利に働くでしょうか。弁護士は、様々な実例や法律上の事柄を持ち出して、賠償面に関して最大限有利に働くように交渉してくれます。これは、私達個人ではできないことと言えるかもしれません。弁護士がいると言うだけで安心しますが、そのような実益もあります。

誰にでも起こりうる事故

『事故』というワードは、様々な自体を想定して用いられることがありますが、交通事故における『事故』においては、それはより強い意味を持ちます。ただ単に車同士が少しぶつかっただけものを確かに事故とも言いますが、それはあくまで車同士の被害であって、誰か人間が怪我をしたというわけではありません。本来の意味での事故は、それによって怪我人、または重傷を負ってしまった人が出てしまった場合です。どのように事故が発生したかによって、どのくらいの被害になってしまったか、という点も異なっています。

私達の車には事故が発生した際に発動するエアバッグのようなものが備え付けられていますが、それは、交通事故による大きな被害を小さくするという役割には、残念ながらなっていないことが多いのです。それはあくまで副次的な役割であって、大きな事故では重傷者、最悪の場合は死亡者が出ることもあります。ニュースでも、頻繁に伝えられているように、です。

交通事故が、物損事故では無く、人身事故で遭った場合、交通事故を起こしてしまった方が負わなければならない責任も、それに伴って大きくなります。そしてこれは、運転を行うなら誰にでも起こりうる、ことなのです。

交通事故-本当に人ごと?

スピードを出しすぎた、ブレーキを踏むのが遅れた、そういった良いわけは、あとでもすることができますが、後悔は、その結果を招いてからしかおこなうことが出来ません。本来はもっと気を付けていれば後悔しなくても済んだのに…そう思っても、後の祭りであることがあります。私達は成功だけでは無く、失敗から学ぶということもできます。しかし、失敗してからでは、遅いということが多くあります。

一度くらいなら失敗しても大丈夫…そう言えないことがあることを、自覚していなければなりません。その、『一度も失敗できない』はずの事柄には、どのようなことがあるのでしょうか。そのひとつに、『交通事故』…それも、誰かを巻き込んでしまう、人身事故というものがあります。車は、誤った使い方をすれば、充分に殺傷能力のあるものへと変化してしまうことは、誰もが理解しておられるでしょう。しかし、本当に自分にそういった事態が訪れるかもしれない、ということは、あまり多くの人は考えていません。自分は大丈夫、とたかをくくってしまうのです。

交通事故を一度起こしてしまうと、それに伴う賠償や責任の取り方について、様々な問題があります。被害者がいるということは必ず加害者がいますし、事故はそれを引き起こした側が、怪我をしてしまったりさせてしまった方に対して、直接的に賠償を行う必要があります。これは、私達には誰も例外はありません。だからこそ、安全ということには必要以上の注意を払う必要があるのです。

参照ページ〈交通事故の発生・入院・示談交渉などの流れがわかる交通事故被害者救済サイト〉